So-net無料ブログ作成
検索選択

hedda0903.jpg

急性膵炎で入院してから最終的にPET検査を経てやはり「すい臓がん」と判明!このすい臓がんとの闘いを記録に残していこうと思います。
前の1件 | -

余命あとわずかの腹水に対抗するために [腹水]

SnapCrab_NoName_2017-3-25_21-15-32_No-00.jpg
毎日じわじわと増え続ける体重。
 
ガンによる腹水の場合、余命はあとわずかというのは周知の事実だろう。
 
増え続けることによって身の回りのことが出来なくなってくる。 
立つことも起き上がることも困難になりトイレに行くのもお風呂に入るのも厳しくなってくるのだ。  
この場合如何にして腹水を緩和しつつ今後の生活を送っていくかが重要だ。
 
 
辛い腹水を少しでも楽にするためには利尿剤アルブミン投与など限られているが、
それも一時しのぎでありすぐに効かなくなってくる。
腹水穿刺で一気に腹水を抜けば一旦は楽になるけど重要な栄養素までもが抜けてしまい予後が次第に悪くなってしまう。
 
 
取り出した腹水から栄養素だけを元に戻すCART改良型 KM‐CARTもあるけれど
根本的に腹水の原因を解決しない限り腹水の貯留スピードは加速度的に早まり結果的には死を一気に近づけてしまうことになる。
 
 
しかし、どんな理由であろうとも本人が満足する生活を送ることが出来るのが一番だろう。
例え一瞬でも腹水が楽になるのならKM‐CARTを選択する方法もある。(もちろん可能であればだが)
 
 
ただガンそのものをどうにかしない限り元に戻るのは目に見えている。
そして膨大な情報の中でガンマーケティングが展開されているのもよく分かっている。
(患者のフリをしたブログや医者のフリをしたHPやキュレーションサイトも知恵袋もそうだし、漢方薬サイトなんか特にね。キャッシュポイントとなる導線がうじゃうじゃ張り巡らされているわw) ※ただし嘘だと分かっていても試したくはなるんよ。。。
 
 
この薬が良い
このサプリが良い
この漢方薬が良い
この病院が良い
 

事実で無いものもたくさんある中で、このようなガンの問題に直面している以上、
藁をもすがりたい気持ちで正常な判断が出来なくなるのは当然だとも思える。
 
 

現に自分もそんな感じだからだ。
そしてこのように考えることも人間の本来の姿だろう。
だから明らかにステマと分かるようなものでも可能性があるものなら納得した上で試してみたいし、諦めたくはないのが本音だ。
 

二人に一人がガンになる時代、誰もが平等に与えられる死からは誰も逃れることは出来ない。
今、キャッキャッ、ウフフして人生を楽しんで謳歌している人もいつかはこのような大変な事を経験するだろうし経験してきたかもしれない。
 
 
俺は抗うし本人の意思を尊重していきたいと常に思っている。
 
 
 
腹水緩和のために足裏シートを用意
KIMG0390.JPG 
 むくみは少しは解消されるけど夕方にはパンパンになるって言ってた。
 やらないよりはマシかな。
 
 
話題の麻の実ナッツ 
KIMG0389.JPG 
これは始めたばかり。
最近見直されている話題の成分。 
 
 
そして前から試してみたかったブロリコ
KIMG0388.JPG 
冷静に考えればこれだけで効くとは思えないが
後悔はしたくないからね。
 
 
煎じ漢方の力が効いてきてるのか分からないが調子の良い時と悪い時の差があるね。
毎日のリンパマッサージと併用してるけど少しでも緩和されていれば幸いだ。 
 
 
リンパマッサージってかなり良いかもね。
やる側は大変だけど朝起きたときは凄い楽になるって。(+足裏シートとそばパスターは併用)
 
 
スポンサードリンク
 
 
 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
気になる順位をチェック!



がん・腫瘍 ブログランキングへ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の1件 | -